住宅を作り出す、建築設計について

アトリエと呼ばれる建築事務所

芸術家気質な建築家

建築士というとその生態を紐解くとしたら、中々どうして難しい人たちだったりすることがあります。先程まではごく一般的な、『建築士とは何ぞや』・『建築事務所とは何をする所ぞや』といったような、意外と知っているようで知らないことを説明した。しかしてそれがそこで働く建築士の本質に辿り着いていると、断言できる要素はどこにもないのです。中には堅実に活動を続けている、安定した設計を心がけている謙虚な人もいるのでしょうが、俗に言うところの建築士と呼ばれる人はどこか『芸術家を髣髴とさせる感性の持ち主』だったりするものだ。

例えば故人の『黒川紀章』さんなどもそんな芸術家のような建築士の人だったのです。生前は都議会選挙に出馬するなど政治家としても活動していましたが、度々見られた奇行のせいでイロモノ扱いされていました。しかしこの方の本分は政治家ではなく、あくまで建築家としての面が強い。無くなる前も精力的に活動し、中には福岡銀行や無くなる直前には大阪府系本部署などの建物を設計し、独特な感性で磨き上げられた建物は、息を飲ませる迫力を持っていた。

この方のように、建築物を一種の芸術作品のように見せる建築家を総称して『アトリエ系建築家』と呼び、その方々が営む事務所は『アトリエ系建築設計事務所』と呼ばれています。それまでになかった建築業界の、建築士として新たな船出を切ろうとする旅路の果てに見出されたのが、誰にも思い浮かばないような作品を作り出すということだった。その結果、日本全国には独自の感性で設計された建築物が多く見られるようになります。

デザイナーズマンションもその1つ

芸術家のように活動する建築士の事を『アトリエ系建築家』と呼んでいる。アトリエとは画家が絵を描く場所の事を指していますが、どうしてそんなふうに呼ばれたのかというと、過去に『磯崎新』という建築家が自身の事務所設立の際に『磯崎新アトリエ』と呼称したことから、現在に至るまで愛されるようになったという。気に入った人が多かった、あるいは流行りだったのでそう呼ばれれば顧客がたくさん訪れて興味を持ってくれると、日本人の気質を逆手に取っていた人もいたと思います。

アトリエ系建築家と呼ばれているだけに、彼らが建築する建物は非常に斬新なものが勢揃いしている。わかりやすい例として『デザイナーズマンション』が挙げられます。建築家がこういう建物を作ってみたいというコンセプトに基づいて設計・建築に携わったもので、それがどれほど特徴的な建物かはもう言わなくても理解している人が殆どのはずだ。そんなマンションが登場したのはバブル経済と言われているので、アトリエ建築なる言葉もその頃には既に出来上がっていた事になります。

個性的過ぎるあまり

デザイナーズマンションというブランドは現在でも、高級物件として見られている人気が高く羨望を集めやすいものだ。けれどいざ住んでみると、実は不便すぎて早くも引っ越したくなったと感じる人が続出する物件だったりします。おしゃれなんだけど、周りと比べて圧倒的に目立つといっても、それ以上に大変な目に会いやすかったりする。

それこそデザイナーズマンションにありがちなコンクリートの打ち付けだったり、室内のバスルームが鏡張りで丸見えになっているなど、ありがちな設備に問題が生じやすい。人目につき、なおかつ訪れた客人からは憧れるといわれるような建築様相であっても、いざ生活してみたら普段の日常で不便をきたしてしまうものだったりするからだ。大きな窓ガラスで開放的で陽射しが多く室内に入ってくるなどの利点も多くある一方で、見え過ぎるがあまりに窓を毎日閉めなくてはならないといったことになってしまいます。

建築家の個性を尊重して出来上がるものですが、個性的すぎるが故に生活動線があまりはかどらないなどの問題に直面しやすいのも特徴的だ。

本人の希望が体現した

こうしたアトリエ系建築家にとっては、自身が成功する分には問題ないと見ていますが、どちらかと言えば建築した建物が、芸術的な側面で高く評価されることに生きがいを覚えるのも特徴的とのこと。作品が作品としての評価を受けて、正しく受け入れられることが喜びという時点で、建築家というのが案外、芸術家的な側面の人々だと言われても納得できるかも知れません。独自性を追求した建築物、その真価は正しく世間の人々に認知されることを至上の喜びとして受け取るようだ。

メニュー