住宅を作り出す、建築設計について

設計を専門に

アトリエ系建築事務所と比較して

将来は持ち家で優雅に、静かに、堂々と暮らしたいと考えている人は多い。結局どうしたいんだという言葉を並べてしまったが、自分の家なんだから何でもしていい反面、何をして壊してしまうかわかったものではないから、丁寧に扱わなければという相反する思いが葛藤してのことだ。いくら自分で買ったからといっても、自分のものを無理やりと言わんばかりに壊してしまったら、元も子もありません。おもちゃのように簡単に修復可能ではないので、扱いが丁寧になってしまう人も多いのではないでしょうか。

それこそアトリエ系建築家に依頼して完成した自宅の素晴らしさに酔いしれて、こんな家で暮らせるなんて夢のようだと喜ぶ人もいそうだ。ですがその反面で、静かに暮らしたいのに家があまりにインパクトが強すぎて平穏からは程遠い暮らしが待ち構えていた、なんて経験はないでしょうか。

物珍しい家、それこそユニークなデザインのした物件とはそれだけで注目度を集めるもの。それこそ楳図先生のように、景観を著しく乱しかねない下品な家だと罵られてしまったら、目も当てられません。人によって物件に抱く感情は千差万別であるため、誰からも好かれる無難な家の方が良い、そう考えている人も少なくありません。

ハウスメーカーはその一例といえますが、アトリエ系建築家に依頼するのではなく、またハウスメーカーでもない、もっと建築に専門的な取り組みを見せているような家で暮らしたいと考えている人は『組織系建築設計事務所』が建築した住宅がおすすめです。

組織系建築設計事務所とは

建築事務所の中には、組織として活動しているかなり大きめの事務所も存在しています。その1つとして『組織系建築設計事務所』というものがある。ここは件のアトリエ系建築事務所と度々比較されるほどで、その違いとして挙げられるのはこんな点だ。

この3つを見てもらえば分かるように、かつてのアトリエ系建築事務所にありがちだった短所の部分を改善した物となっている。とりわけこうした組織型建築設計事務所の良さが発揮される物件としては、マンションや大規模な商業施設などが挙げられ、それらで活用することによりその真価が発揮されます。

個人の住宅には不向きなのかというとそうでもない、得意分野としているだけで出来ないわけではないので、選択肢の1つとすればありだ。

個性とは遠いようで

一見するとすみ分け出来ない、相反する関係にあると見られるアトリエ系建築事務所と組織系建築設計事務所ですが、実はよくよく調べると面白い事実が判明します。今でこそ個性的なデザインを発表している建築家の中には、かつて相対するはずの組織系建築設計事務所出身で、後にアトリエ系建築家として花開いたという経歴を有している人がいるほどだという。画一化された中でも、個性とは演出できるもの。例え見た目は一緒でも、建築した人間のデザインが少し違うだけで印象も様変わりします。

元々デザイン性を重視こそしていませんが、蔑ろにしているわけではないので施工される物件についても、非常に評判が高いところが多く見受けられるほどだ。そもそもアトリエ系建築事務所では斬新なデザインの物件は、ある種の実験的な側面から行われているので、時として失敗する可能性も示唆される。それを回避するためにも、無難な路線にした方が良いという人ほど、こちらの組織系建築設計事務所を選択しやすいと言われています。

基本的には

こうした点から見て取れるように、人によって自分の家という象徴が欲しいと言っても、事務所が提供する過去のデザインについては否定的な意見を持つ人も時には出てきます。嫌悪とまではいかずとも、少しだけ遠慮したいという気持ちが絡んできてしまえば、やはり住むにしてももう少し地味めの物がいいと思う人はいる。

そうした際には組織型設計事務所が提供するモデル、その中で個人的に気に入ったデザインの物件があればそれを選択して見よう。きっと意外と納得できて、尖ったおしゃれではなく、万人向けの大衆性を発揮する素晴らしい物件に出くわせる可能性を内包しています。

メニュー