住宅を作り出す、建築設計について

建築士が社員として勤務する

ゼネコンなどの設計組織

建築士と言っても、必ずしも全てが全て最初から独立する人ばかりではない。何の経験もないド素人の、免許はあっても実績がほとんどない素人の創りだす物件に住もうと考える人はいるものではない。そうなるとやはり最初はどこかしらの事務所で建築士として活動していき、最終的な目標地点として自立を目指すというのが現実的な進路と言えます。厳しい業界ですから、いくら国家資格を有していると入っても、建築士として名前が売れるかどうかは本人が創りだしたものの品質によって左右されるもの。

そうなると最初は企業に雇用されることで建築士としての一歩を踏み出して行くことになりますが、中でも一般的な進路としてゼネコンなどに属している設計組織『建設業設計部』に所属することから始まります。過去には著名な人物が多く所属していたので、名前だけなら聞いたことのある人もいるため珍しい話ではなかった。

そんな設計組織についてですが、その中身は一体どのようになっているのかを少し見ていきたい。

建築士が社員として雇用される場合

建築士、中でも一級建築士ともなればそのブランドが高いのは言わなくても理解できると思います。またわざわざ企業に雇用されずとも独立すれば良いのではないかと思うかもしれませんが、その選択が時として茨の道になりかねないこともあるので、無難な道を選ぼうと思う人は多いという。それがゼネコンへの就職という選択肢ですが、そもそも建築士がゼネコンなどで社員として通勤するとなったら、どういう扱いになるのか。社員であればそれに見合った福利厚生を得られるのもありますが、それ以上に安心して仕事ができるというのもあるでしょう。

ただ諸外国では建築家というのは、『特定の企業に属さないフリーであることが条件』であるといっても過言ではないのが現状で、建築家として活動したら後はがむしゃらに頑張るしかないのです。それはそれで現実的な手段と言えますが、何もないところからスタートするよりかは、日本での建築家として踏み出す一歩は断然安心できそうだ。

建築事務所的な扱いは

そこで気になるのが、建築士を雇った後の実務がどのようになるかだ。ゼネコンであれば仕事は舞い込んでくるでしょうが、そこで駆り出されるのが建築士として入ってきた新人を含めて多い。フリーで建築家を雇うこともありますが、建築士事務所登録を会社が行っていれば所属している社員を利用して、設計実務を習得させることも出来るでこれはかなり大きい。

自前で勉強できる、経験できるというのは人によってまたとない好機と言っていいでしょう。家造りもそうだが、実際にどれくらいの進行で作業が行われていくのかを知ることも大事だ。建築士事務所の在り方を見極めるためにも、個人で独立する道よりはまずはゼネコンなどに入社してから本格的なスタートを切り出すプロは多い。

競争率の激しさ

ただ企業に勤めている、これに焦点を絞ると社内での優劣がはっきりするという点が浮かんでくる。また、個性的な作品を作り上げても正しく評価されなければ、駄作と罵られてしまうリスクも生じてきます。建築家として花開くためにも、そうした苦労から目を逸らしてはいけませんが、なかなか辛いところがある。黒川紀章さんにしても、その他の著名な建築家の背景を考えても、最終的に皆さん独立という選択肢に行き着いている。

これはやはり自分の作品がまだまだこんなものではないと、その可能性を無限に信じているからこその選択だと考えられます。無論全ての建築士が才能豊かだとは言いません、ある意味では個性的な作品を発揮できるか否かは、やはりその人自身の感性に委ねられる部分がある。芸術家などと揶揄されていますが、芸術的な作品を創りだそうとしたら誰も思いつかないような作品性がなくては大成できません。

あくまで下積みとして

とはいえ、個性的な作品を生み出すというのは最初からデキる人などいるわけではない。どんな人でも下積みという時代は必要だ、そんな経験が後に個性へと繋がり、個性を最大限発揮するためには努力で積み上げてきた実力が左右します。

芸術的な観点で物語られる世界観は多くの人を魅了する一方で、異色すぎると揶揄される恐怖も考慮しなくてはならない。正しく評価されるばかりではない、それこそ有名なデザインの建物でも良いと答える人がいれば、気に入らないと否定的な見解を述べる人もいるものだ。住宅1つ建築する際には、建築士の力量も問われますが、それ以上に普遍的な価値観に照らし合わせてもおかしくない、万人から評価される作品を作り出せることのほうが、より芸術的な才能に特化していると言えるのではないか。

メニュー